Blog梅雨の季節の快適な空間づくり 除湿器で室内の湿度対策

HOME > ブログ > エコな暮らし > 梅雨の季節の快適な空間づくり 除湿器で室内の湿度対策
2021-06-11

梅雨の時期は湿度が高くなり、室内においてもジメジメした空気で不快な思いをすることも多くなりますね。高い湿度は、気分の問題だけでなく、湿気が原因でカビやダニが発生しやすくなるなど、衛生面においても注意が必要です。今回は、梅雨の時期に活躍する「除湿器」の種類や特徴についてご紹介します。

 

・コンプレッサー式

電気でコンプレッサーを動かし部屋の空気を取り込み冷却させることで湿気を水滴にします。デシカント式に比べ消費電力が小さいことと、気温が高いほど除湿能力を発揮するのが特徴です。

メリット  ・消費電力が小さい ・室温が高いほど効果的

デメリット ・室温が低いと能力が下がる ・動作音が大きい

 

・デシカント式

乾燥剤に水分を吸着させることで部屋の湿気を取り除くタイプ。コンプレッサーの搭載がないため小型で動作音も静かですが、ヒーターを使用するため室温を3~8℃ほど上げてしまいます。

メリット  ・サイズが小さい ・動作音が静か

デメリット ・消費電力が大きい ・室内温度を上げてしまう

 

・ハイブリット式

コンプレッサー式とデシカント式を併用したタイプ。高温時には高い除湿効果があり、電気代を抑えられるコンプレッサー式、気温が落ち着いている時にはデシカント式と使い分けが可能です。

メリット  ・除湿方式が変更できる ・除湿力が安定している

デメリット ・サイズが大きい ・価格が高い

 

メモ

室内で快適に過ごすことができる湿度は40~60%。高すぎても低すぎても身体に影響を与え、梅雨の時期の「なんとなく調子が優れない」は気のせいではなく湿度が原因の場合も少なくありません。また、湿度が65%を超えるとカビが一気に増えると言われていますので、できるだけ湿度にも気を配り快適な生活を送りましょう。

 

 

 

デライトデザインでは「あなたの大切なお住まいを、ずっと快適に、ずっと安心に。」

高性能は当たり前、デザインと遊びこころに溢れたお洒落な家づくりをご提案させていただきます。

デザイン性と機能性を兼ね備えた「暮らしを楽しむ」住空間を基本に考え、塗壁や無垢の床、自然素材壁紙などをベースに造作家具まで、素材の温もりが活きる暮らしの場をご提案いたします。
地域の風土に適用した四季を通して気持ち良く暮らせる住空間。そして、時を経ていっそう趣きを増し、永く愛着を持って暮らす意義を感じさせる家、それがDELIGHTdesignの手がける家づくりです。

家づくりのこと、予算。どんなことでも大丈夫です!まずはお気軽にお問い合せ下さい。

 

最新のイベント情報はこちら

最新の無料相談会情報はこちら

NEW
2021.07.28 無料相談会

暮らしを楽しむ家づくり相談会

開催日: 2021年8月21日(土)
閉じる