HOME > ブログ > 暮らしのお役立ち情報 > 無限に広がる美しい幾何学模様「手作り万華鏡の世界」
2021-11-05

筒を覗けば、キラキラと踊るような世界が広がる万華鏡。筒を動かすたびに変化する美しい模様に、子どもだけでなく大人もつい引き込まれてしまいます。今回は、そんな不思議な魅力を持った万華鏡の作り方をご紹介。どんな模様があらわれるのか、つくってみてのお楽しみ!

 

材料

・ラップの芯(長さ16㎝、穴の大きさが3.5㎝くらいのもの)

・厚紙(牛乳パックでOK)9㎝×16㎝

・銀色のテープ(100円ショップなどで手にはいります)

・黒い紙(ラップの芯より大きめの円にカットしたもの)

・丸いプラスチックケース(フタつき/筒と同径のもの)

・包装紙

・ビーズ、モールなど

・セロハンテープ、のり

 

作り方

1.厚紙の片面に銀色のテープを隙間なく貼り付けます。

2.①の厚紙を銀色のテープが内側になるように三角形の筒状に折り、ラップの芯の中に入れます。

3.プラスチックケースをラップの芯の片側に取り付け、テープなどで固定します。

4.黒い紙の中央にパンチなどで穴をあけ、プラスチックケースを取り付けた方と反対側に貼ります。

5.ラップの芯のまわりに包装紙を貼り付けます。

6.プラスチックケースにビーズや小さく切ったモールを入れたら出来上がり。

  フタ付きのケースを使っているので、簡単に中身を変えることができます。

 

材料はほとんど100円ショップなどで揃えることができ、作成過程も短くて簡単なので、お子様と一緒に作ってみてはいかがでしょうか。

ケースの中に何を入れようか選ぶのも楽しいですし、完成して万華鏡を覗いたとき、こんなふうに見えるんだ!という新しい発見があり、二度楽しむことができます。

覗くたびに変化する万華鏡の世界に夢中になれますよ。

 

 

 

 

デライトデザインでは「あなたの大切なお住まいを、ずっと快適に、ずっと安心に。」

高性能は当たり前、デザインと遊びこころに溢れたお洒落な家づくりをご提案させていただきます。

デザイン性と機能性を兼ね備えた「暮らしを楽しむ」住空間を基本に考え、塗壁や無垢の床、自然素材壁紙などをベースに造作家具まで、素材の温もりが活きる暮らしの場をご提案いたします。
地域の風土に適用した四季を通して気持ち良く暮らせる住空間。そして、時を経ていっそう趣きを増し、永く愛着を持って暮らす意義を感じさせる家、それがDELIGHTdesignの手がける家づくりです。

家づくりのこと、予算。どんなことでも大丈夫です!まずはお気軽にお問い合せ下さい。

最新のイベント情報はこちら

最新の無料相談会情報はこちら

NEW
2021.11.30 無料相談会

暮らしを楽しむ家づくり相談会

開催日: 2021年12月18日(土)
閉じる